Facebook Twitter YouTube E-mail

Huiping (シンガポール)

日本に行こうと決めた理由は何ですか?:自分が大好きなものや人を恐れるべきではないと思ったからです。私は日本が大好きだから、できるかぎりたくさん訪れたいと思っていました。地震や放射能の影響についてはもちろん心配でしたが、それよりも日本に対する気持ちの方が強かったのです。そしてもし命に関るようなことが自分の身に起こるとしたら、それはもう自分の運命なのだと思うことにしました。私は特に信心深い方ではありませんが、それでもすべての出来事は運命に導かれていると信じています。そしてとにかく日本には、他のどの場所でもなく日本でしかできない、という楽しいことがたくさんあるからです。

滞在期間はどれくらいでしたか?:震災の後に2回日本へ行きました。1回目は8日間、2回目は5日間です。もっと日本を体験するために、これからも行くつもりです。

日本で過ごした時間の中で一番楽しかったことは何ですか?:日本でいろいろな人達と出会えたことが楽しかったです。日本の人達は私が想像していたよりももっと親切で丁寧で、意思疎通が難しいときでも進んで助けてくれます。

日本での滞在について、こうしておけばよかったな、と思うことはありますか?: せっかくの滞在時間をもっと有効に使って、ずっと行ってみたいと思っていた歴史的な場所や博物館巡りなどをすればよかったなと思います……睡眠時間に使ってしまうのではなく。

将来また日本に行こうと思いますか?:絶対にそのつもりです。もしも滞在中に地震に遭ったとしてもこの気持ちは変わらないと思います。

自分の友人にも日本への旅行を勧めますか?:もちろん勧めるでしょう。国が違えば収入も違うので、旅費の高さという問題はありますが、それでも日本での経験はお金では買えない価値のある貴重なものです。

その他のコメント:私は日本に行くことを考えている他の人達に、どうかそこで起こるかもしれないことを怖がらず、十分に旅を楽しんでほしいと伝えたいです。そして私は、想像以上の早さで復興に向けて立ち上がった日本の皆さんに敬意を表します。震災の日から1ヶ月以上が経っても私は被害の様子を思って涙を流すばかりでしたが、彼らは信じがたい底力でこの困難に立ち向かっていました。日本に住む皆さん、とりわけこの災害によって大切な方を亡くされた方々へ私の敬意をささげます。彼らは、あの辛く厳しい状況を乗り越えたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Home プロジェクト We Love Japan Huiping (シンガポール)